1. ホーム>
  2. 保険・福祉・医療>
  3. 保健・医療>
  4. ノロウイルス(感染性胃腸炎・食中毒)対策~冬は特にご注意を!~

保険・福祉・医療

ノロウイルス(感染性胃腸炎・食中毒)対策~冬は特にご注意を!~

 年間の食中毒の患者数の約半数はノロウイルスによるものですが、うち7割は11月~2月に発生しており、この時期の

感染性胃腸炎の集団発生例の例の多くはノロウイルスによると考えられます。

 ノロウイルスは手指や食品を介して、経口で感染しヒトの腸管で増殖し、おう吐、下痢、腹痛、微熱などを起こします。

ノロウイルスは、感染力が強く、大規模な食中毒など集団発生を起こしやすいため、注意が必要です。

 特に子どもや高齢者は重篤化することがありますので特にご注意ください。

 また、ノロウイルスにはワクチンがなく、治療は輸液などの対症療法に限られるので、予防対策を徹底しましょう。

 ※詳しい情報はこちらをクリック(新しいウインドウで開きます)

  

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課(各保健センター)です。

〒309-1704 笠間市美原三丁目2番11号

電話番号:0296-77-9145 ファックス番号:0296-77-9146

スマートフォン用ページで見る