1. ホーム>
  2. 保険・福祉・医療>
  3. 保険・年金>
  4. 第三者行為について

保険・福祉・医療

第三者行為について

第三者行為とは  

交通事故や傷害事件、他人の飼い犬にかまれたなど第三者(加害者)の行為によりけがをし、治療を受けることになった場合をさします。

この様な状況で病院にかかった場合の治療費は、本来は加害者(第三者)が負担すべきものですが、すぐに損害賠償をしない時などは、

国民健康保険を使って診療を受けることができます。

 

国保への届出義務

国民健康保険を使って診療を受けた場合、その治療費は国保が一時的に立替払いをします。

被害者(被保険者)の治療に要した費用などは事故の相手方(加害者)本人、若しくは加害者の加入している自賠責保険、任意保険会社等に

請求を行いますので、必ず「第三者行為による被害届」等の書類を提出してください。

また、自損事故は第三者行為にはなりませんが、給付を受けるためには届出が必要です。

 

※注意

すでに加害者から治療費を受け取っている場合は、国民健康保険を使うことはできません。

また、示談をしてしまうと示談の内容が優先されるため、国民健康保険が立て替えた医療費を加害者に請求できなくなる場合があります。

示談をする場合は、事前にご連絡をいただくとともに、示談成立の場合は、すみやかに示談書の写しを提出してください。

 

提出いただく書類

<相手のある交通事故の場合>

 (1)事故発生状況報告書(様式第3号)

 (2)第三者行為による被害届(様式第35号)

 (3)交通事故証明書(最寄りの警察署にて交付手続きしてください)

 (4)人身事故証明書入手不能理由書(交通事故証明書が物件扱いの場合提出)

 (5)念書(様式第5号)

 ※マル福も使用した場合は以下の書類も提出してください

 (6)第三者行為による被害届(様式第8号)

 (7)医療福祉委任状

 

<自損事故の場合(単独事故のみ)>

 (1)事故発生状況報告書(様式第3号)

 (2)被害届(自損事故)

  

<交通事故以外の第三者行為によるけがの場合>

 (1)事故発生状況報告書(様式第3号)

 (2)第三者行為による被害届(様式第35号)

 (3)念書(様式第5号)

 (4)誓約書(相手方が記入) 

 ※マル福も使用した場合は以下の書類も提出してください

 (5)第三者行為による被害届(様式第8号)

 

<その他関連書類>

(1)療養費請求書(医科、歯科、調剤)

(2)療養費請求書(治療用装具)

 

保険証が使えない場合

・仕事中や通勤途中の事故の場合で、労働者災害補償保険(労災保険)が適用されるとき

・犯罪行為や故意の事故

・飲酒運転や無免許運転などの悪質な法令違反の事故

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-78-0692

スマートフォン用ページで見る