1. ホーム>
  2. 保険・福祉・医療>
  3. 保険・福祉・医療のお知らせ>
  4. 10月は茨城県のがん検診推進強化月間です

保険・福祉・医療

10月は茨城県のがん検診推進強化月間です

 茨城県のがんの死亡者数は年々増加し、昭和60年以降、死因の第1位となっています。また、人口の高齢化に伴いがんの罹患者数も増加しており、一生のうちに日本人の2人に1人は何らかのがんに罹患すると言われています。

 がんは早期発見・早期治療が重要であることから、市においてもこの月間に合わせて、がん検診受診啓発のイベントや各種検診も実施しています。

 この機会にご自身の生活習慣を振り返り、検診等を受けて健康管理に努めましょう!

【日本人のためのがん予防法】

 現状において日本人に推奨できる科学的根拠に基づくがん予防法(資料:国立がん研究センターがん情報サービスより)

 喫煙:たばこは吸わない。他人のたばこの煙は避ける。

 飲酒:飲むなら、節度のある飲酒をする。

 食事:食事は偏らずバランスよくとる。

    *塩蔵食品、食塩の摂取は最小限にする。

    *野菜や果物不足にならない。

    *飲食物を熱い状態でとらない。

 身体活動:日常生活を活動的に。

 体形:適正な範囲に。

 感染:肝炎ウイルス感染検査と適切な措置を。

    機会があればピロリ菌検査を。

    ※ピロリ菌検査・除菌については、疾患により健康保険適用になります。

     詳しくは、かかりつけ医にご相談ください。

※詳しくは国立がん研究センターホームページをご覧ください。
 ホームぺージhttp://www.ganjoho.jp(新しいウインドウで開きます) 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課(健康増進課・保健センター)です。

〒309-1734 笠間市南友部1966番地1

電話番号:0296-77-9145 ファックス番号:0296-77-9146

スマートフォン用ページで見る