1. ホーム>
  2. 観光・文化>
  3. 文化・歴史>
  4. 笠間藩校創設200周年記念特別展「時習館―若き武士(もののふ)たちの学び舎―」

文化・歴史

笠間藩校創設200周年記念特別展「時習館―若き武士(もののふ)たちの学び舎―」

笠間藩校創設200周年記念特別展
「時習館」―若き武士(もののふ)たちの学び舎―

 2017年は笠間藩校「時習館」が創設されてから200年目にあたります。笠間藩士達の人材育成に深く貢献した時習館の節目の年を記念して、特別展を開催いたします。


  会期     平成29年11月23日(木・祝)から12月24日(日曜日)
         ※11月23日(木・祝)オープニングセレモニーを開催します(8時45分から)

  開館時間   
午前9時から午後5時まで

  会場     笠間市立笠間公民館1階・2階 展示室

  休館日    月曜日

  入場料    無料

  展示解説 

  下記の日程で市史研究員が展示の解説を行います。 

日にち 12月2日(土曜日) 12月16日(土曜日)
解説員 南 秀利氏 矢口 圭二氏
解説時間     1回目 午前10時30分~
    2回目 午後1時30分~
    各回とも40分程度


  主催     笠間市教育委員会


  販売物    展示図録を販売します。(11/23より,1000円)
  取扱場所   生涯学習課,笠間公民館

 

時習館について   

 笠間には昔「欽古塾」と呼ばれる私塾がありました。江戸時代の文化14年(1817)に名称が改められ、笠間藩校「時習館」が誕生しました。当時、笠間の農村は貧しく荒廃していました。そこで当時の藩主牧野貞喜は短期的な目線ではなく、先を見据え笠間藩士達の人材育成を目標に掲げ、藩をあげて時習館の立ち上げに取り組みました。
 時習館の学業が軌道に乗ってくると,同じく笠間にあった医学の「博采館」や武術の「講武館」を統合し、より多くの事が学べる総合時習館へと成長していきます。


 
『時習館記碑』の画像
 

      時習館記碑(笠間小学校敷地内)

 

     

『時習館記碑の拓本』の画像

時習館記碑の拓本

『講武館の扁額』の画像

講武館の扁額
『耳鼻見聞記』の画像

耳鼻見聞記

   

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-71-3220

スマートフォン用ページで見る