本文へ移動する
笠間市消防本部ホームページ  
文字サイズ 小 中 大
安全で住みよいまちづくり
消防本部 消防団 防災 119番通報 火災予防 応急手当 消防年報
  1. 笠間市ホームページ>
  2. 消防本部トップ>
  3. 笠間市消防本部>
  4. 火災予防>
  5. 火の用心!秋季全国火災予防運動が実施されます!

火の用心!秋季全国火災予防運動が実施されます!

〔目的〕

この運動は、火災予防思想の一層の普及を図り,火災の発生,高齢者等を中心とする死者の発生を防止するとともに,財産の損失を防ぐことを目的として実施しています。


〔平成29年度全国統一防火標語〕

 『火の用心 ことばを形に 習慣に』


〔実施期間〕

   平成29年11月9日(木曜日)から11月15日(水曜日)までの7日間


〔重点目標〕 


(1) 住宅防火について対策しましょう。
(2) 乾燥時及び強風時の火災発生を防止しましょう。
(3) 放火火災防止の対策をしましょう。
(4) 不特定多数,避難が困難な人が利用する建物等において防火安全対策を徹底しましょう。
(5) 製品火災の発生防止に向けて,一人一人が正しい安全な取扱いをしましょう。
(6) 多数の人が集まる催しに対して火災予防を徹底しましょう。


〔住宅防火 いのちを守る 7つのポイント〕

―3つの習慣・4つの対策―

3つの習慣
○ 寝たばこは,絶対やめる。
○ ストーブは,燃えやすいものから離れた位置で使用する。
○ ガスコンロなどのそばを離れるときは,必ず火を消す。

4つの対策
○ 逃げ遅れを防ぐために,住宅用火災警報器を設置する。
○ 寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために,防炎品を使用する。
○ 火災を小さいうちに消すために,住宅用消火器等を設置する。
○ お年寄りや身体の不自由な人を守るために,隣近所の協力体制をつくる。

〔住宅用火災警報器〕

みなさんは,住宅用火災警報器を知っていますか?
その名のとおり,住宅で起きた火災を大きな音で知らせてくれる機器です。住宅火災から逃げ遅れを防ぐために全住宅(全寝室,2階以上の階に寝室がある場合は階段の踊り場も該当)に設置が義務付けられています。
住宅用火災警報器によって就寝時に起きた火災を発見し逃げ遅れを防いだ奏功事例も多数報告されています。設置をしていないお宅はすぐに設置してください。また,機器,電池の寿命は10年となっていますので10年を経過した物,電池が寿命を迎えた物は正しく作動しませんのですぐに取り替えるようお願いします。
寿命を迎えていない場合も機器本体に点検用のスイッチがありますので,定期的に点検し作動の確認を行ってください。
大切な人の命,財産を守るために火災の早期発見はとても必要な条件となります。
住宅用火災警報器の早急な設置,取り替えをよろしくお願いします。

 

 火災予防は一人一人の心がけから。
 火の用心をお願いします。


火災予防運動についてのお問い合わせは,消防本部または最寄りの消防署へご連絡ください。

消防本部予防課・笠間消防署 TEL 0296-73-0119(代表)
友部消防署 TEL 0296-78-0119
岩間消防署 TEL 0299-45-0119

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは消防本部です。

〒309-1631 笠間市箱田2564番地

電話番号:0296-73-0119 ファックス番号:0296-72-9910


休日当番医住宅用火災報知器講習・試験案内各種申請書届出書ダウンロード
Copyright (C) Kasama fire fighting headquarters All rights reserved.
スマートフォン用ページで見る