1. ホーム>
  2. 保険・福祉・医療>
  3. 保険・福祉・医療のお知らせ>
  4. 2つの臨時福祉給付金の申請受付について(平成28年9月7日から平成29年2月15日まで)

保険・福祉・医療

2つの臨時福祉給付金の申請受付について(平成28年9月7日から平成29年2月15日まで)

 

2つの臨時福祉給付金とは、平成28年度臨時福祉給付金障害・遺族年金受給者向け給付金のことです。


【平成28年臨時福祉給付金】

〇平成28年臨時福祉給付金とは
消費税率の引上げに際し、所得の低い方々への負担の影響に鑑み、暫定的・臨時的な措置として平成28年10月1日~平成29年3月31日までの6ヵ月分、3千円を支給します。

〇支給対象者
平成28年度分の住民税が課税されていない方。(※平成27年中の収入申告になります。)
ただし、住民税において、課税者の扶養となっている場合や生活保護の方などは対象外となります。

〇支給額
1人につき3,000円(1回限り)



【障害・遺族年金受給者向け給付金】

〇障害・遺族年金受給者向け給付金とは
「一億総活躍社会」の実現に向け、賃金引上げの恩恵が及びにくい低所得の障害・遺族基礎年金受給者を支援するため、社会保障・税一体改革の一環として平成29年度から実施が予定される年金生活者支援給付金の前倒し的な位置づけになることも踏まえ、個人消費の下支えにも資するよう、低所得の年金受給者等を対象に3万円を支給します。

〇支給対象者
平成28年臨時福祉給付金の条件に該当する方で、障害基礎年金または遺族基礎年金を受給している方。
(平成28年4月分の年金受給がある方(同年5月分の受給のない方を除く)又は同年5月分の受給がある方)
ただし、「高齢者向け給付金」が支給された方は重複するため対象外となります。

〇支給額 1人につき30,000円(1回限り)



【2つの臨時福祉給付金の申請受付について】

〇申請期間
平成28年9月7日(水曜日)から平成29年2月15日(水曜日)まで
平成28年9月6日に対象者(世帯)へ申請書を郵送しますので、書類が届いてから申請してください。

〇受付
郵送及び社会福祉課、各支所福祉課の窓口にて受け付けます。

〇提出書類
1.申請書

2.本人確認書類(必ず対象者全員分の確認書類が必要です。)

  マイナンバーカード、住民基本台帳カード、運転免許証、旅券、健康保険証等の写しのうちいずれかひとつ
  (外国人の方の本人確認書類は、在留カード、特別永住者証明書等となります。)
  ※マイナンバー通知カードは、本人確認証となりませんので、ご注意ください。

3.指定した口座が確認できる書類(申請者名義の口座)

  金融機関名、口座番号、口座名義人(カナ)がわかる通帳やキャッシカードの写し
   (申請書に記載されている、昨年度と同じ金融機関口座への振込を選んだ場合は、口座の書類を添付する必要はありません。)

4.障害・遺族基礎年金の受給が確認できる書類
(年金証書、年金額改定通知書の写し等)
  市町村から送付(受取)された申請書の年金生活者等支援臨時福祉給付金(障害・遺族基礎年金受給者向け)欄にあらかじめ
  〇(該当)がついている場合は、必要ありません。)


【支給時期について】
2つの給付金の支給時期については、口座振込・現金支給のどちらも、手続きの関係上、申請が完了してから早くとも2ヶ月程度かかります。
また、最初の支給は10月下旬から毎月1回程度の支給となります。


【問合せ窓口】
社会福祉課(内線180・181)
笠間支所福祉課(内線72-134)
岩間支所福祉課(内線73-174)


【振り込め詐欺にご注意ください】
市や厚生労働省などがATMの振込みを依頼したり、操作をお願いすることは絶対にありません。
また、現時点で支給のために手数料等の情報を照会することもありません。

※振り込め詐欺と疑わしい電話等があった場合は、お近くの警察署や交番にご相談ください。


【厚生労働省の相談窓口(臨時福祉給付金ダイヤル)
電話番号 0570-037-192(直通)
運営時間 午前9時~午後6時(土日、祝日は除く)


【関連情報】
厚生労働省 臨時福祉給付金ホームページ(新しいウインドウで開きます)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは社会福祉課 福祉Gです。

〒309-1792  笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-77-1162

スマートフォン用ページで見る