保険・福祉・医療

蚊が媒介する感染症について

蚊が媒介する感染症とは、ウイルスなどの病原体を持った蚊に刺されることで感染し、高熱や発疹などの症状が出る感染症のことです。主にアジア・中南米・カリブ海諸国などの熱帯・亜熱帯地域で流行しています。

日本では、平成26年に約70年ぶりに国内感染が確認された「デング熱」が知られているほか、中南米やアジアの一部ではジカ熱が流行しており、妊婦の感染により胎児の小頭症などを引き起こす可能性があるため妊娠中の方は流行地への渡航を控えることなど、注意喚起されています。

<症状>

 潜伏期間は3から7日(最大2週間ほど)とされ、その後、発熱・発疹・頭痛・筋肉痛・関節痛などの症状がみられます。

 通常の患者は発症後2日から7日で解熱し、そのまま治癒する予後は比較的良好な感染症ですが、感染症の種類により多少違いがあります。

 まれに重症化して、出血傾向やショック症状がみられることがあります。

<治療法>

 特有の薬はなく、対症療法となります。

<予防法>

 蚊との接触を避け、刺されないようにしましょう。

 ・長袖・長ズボンを着用するなど、屋外で活動する時には肌の露出をなるべく避けましょう。

 ・虫よけ剤などを使用し、蚊を寄せ付けないように注意しましょう。

 ・室内も蚊の駆除を心掛けましょう。

 ・蚊の幼虫の発生源を作らないように注意しましょう。

  (蚊は水辺に産卵します。下水溝・廃タイヤの中や水桶等人工的な環境でも産卵し増殖します)

 

 ジカウイルス感染症に関するQ&Aはこちら  

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課(各保健センター)です。

〒309-1704 笠間市美原三丁目2番11号

電話番号:0296-77-9145 ファックス番号:0296-77-9146

スマートフォン用ページで見る