1. ホーム>
  2. 行政情報>
  3. 行政情報のお知らせ>
  4. 中南米地域で「ジカ熱」が流行しています

行政情報

中南米地域で「ジカ熱」が流行しています

中南米地域で「ジカ熱」が流行しています。ー 特に妊婦の方はご注意ください ー

【症状】

主として軽度の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、斑丘疹、結膜炎、疲労感、倦怠感などを呈します。これらの症状は軽く、通常、2~7日続きます。

【治療等】

対症療法となります。通常は比較的症状が軽く、特別な治療を必要としません。

【予防対策】

海外の流行地域に渡航される際は、蚊に刺されないように注意しましょう。長袖、長ズボンの着用が推奨されます。また蚊の忌避剤なども現地では利用されています。

【流行地域】

アフリカ、中央・南アメリカ、アジア太平洋地域で発生がありますが、近年は中南米で流行が拡大しています。

【妊婦の方へ】

近年、ブラジルにおいて小頭症の新生児が増えており、ジカウイルスとの関連が示唆されています。このため、妊婦の方の流行地域への渡航を控えたほうが良いとされています。やむを得ず渡航する場合は、厳密な防蚊対策を講じることが必要です。

 詳細につきましては、厚生労働省のホームページをご覧ください。

 

※厚生労働省ホームページ「ジカ熱について」

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000109881.html

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課(健康増進課・保健センター)です。

〒309-1734 笠間市南友部1966番地1

電話番号:0296-77-9145 ファックス番号:0296-77-9146

スマートフォン用ページで見る