1. ホーム>
  2. くらし・手続き>
  3. 水道>
  4. 水道施設の耐震性能及び耐震性の向上に関する取り組みについて

くらし・手続き

水道施設の耐震性能及び耐震性の向上に関する取り組みについて

笠間市では、安心・安全な水の供給や水の安定供給に向けて、東日本大震災を踏まえ浄水場及び配水池の耐震診断を実施しました。



浄水施設

施設の名称竣工年構造※1判定結果
石寺浄水場

S52

RC

宍戸浄水場

S40

RC

レベル1対応

吉岡浄水場

S52

RC

レベル1対応

3つの浄水施設により浄水供給しておりますが、これらの浄水施設は現在の耐震基準等に対応していない状況にあります。
浄水場の老朽化が進んでいることから計画的に施設の更新整備を進めます。



配水施設

施設の名称竣工年構造※1判定結果※2備考 
箱田配水池

S63 

PC

レベル1対応

緊急遮断弁設置

高区配水池

 H3

 PC

レベル1対応

緊急遮断弁設置 

低区配水池

 H20

 PC

レベル2対応

緊急遮断弁設置

愛宕配水池

 S52

 PC

未対応

緊急遮断弁設置

安居配水池

 H18

PC

レベル2対応

 

配水地からみなさまへ水道水を給水していますが、耐震診断を実施したところ、一部耐震性能については、現在の基準に対して不足していると推測される施設もあることから、整備手法を検討し耐震化を図る予定です。
また、平成24年度に愛宕配水池に緊急遮断弁を設置し、緊急時の水確保を図りました。

基幹道路〈H28年3月末現在〉  (m)

導水管路延長送水管路延長配水管路延長
21,037

1,570

829,412

管路の耐震化率は3.5%です。今後老朽管更新にあたっては、耐震性の高い管を積極的に使用するなど、耐震化をいっそう進めてまいります。

※1.RCは鉄筋で補強した、コンクリートと鉄筋の複合材です。PCは鉄筋コンクリートよりも後発で鋼材などを中に入れた、いっそう進化した複合材です。
※2.地震動レベル1 使用期間中に一度は発生する確率の高い地震動
地震動レベル2 発生確率は低いが、その施設で想定される最高レベルの地震動
未対応 耐震基準(地震動レベル1)に対して、不足していると推測されます。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは水道課です。

〒309-1723 笠間市矢野下750番地(浄化センターともべ内)

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-77-0583

スマートフォン用ページで見る