茨城国際音楽アカデミーinかさま

講師紹介

『『参加講師一覧』の画像』の画像

『トップページへ戻る』の画像 『概要のページへ』の画像 『参加講師一覧のページへ』の画像 『コンサートのページへ』の画像 『関連イベントのページへ』の画像 『友の会のページへ』の画像

かさま国際音楽アカデミー

≪ ヴァイオリンクラス ≫
≪ ピアノクラス ≫
『ザハール・ブロン』の画像
ザハール・ブロン
Zakhar Bron
ケルン音楽大学、チューリッヒ音楽院教授

 ウラリスク生まれ。グネーシン音楽学校でボリス・ゴールドシュタインに、モスクワ音楽院でイーゴリ・オイストラフに師事。オイストラフ教授の助手を務めた後、ノヴォシビルスク音楽院に移り、独自の指導法を開発して多くの優秀なヴァイオリニストを育てる。この間1971年のエリザベート王妃国際コンクール、1977年のヴィエニアフスキ国際コンクールに入賞し、演奏家としての活躍の場を広げた。リューベック音楽院教授を経て、現在はケルン音楽大学、チューリッヒ音楽院教授。門下からはレーピン、ヴェンゲーロフ、樫本大進、庄司紗矢香、川久保賜紀、神尾真由子といったトップ・アーティストを多数輩出している。ロシア功労芸術家。
ミハイル・ヴォスクレセンスキー
ミハイル・ヴォスクレセンスキー
Mikhail Voskresensky
モスクワ音楽院ピアノ科主任教授

 モスクワ音楽院と大学院で、レフ・オボーリン(第1回ショパンコンクール優勝者)に師事。シューマンコンクールを皮切りに、クライバーン、エネスコ、リオデジャネイロなど数々の国際コンクールに入賞。以後、ロシア国内はもとより、欧米各国においても、多彩なプログラムで旺盛に演奏活動を続けている。半世紀以上モスクワ音楽院教授として教鞭をとり、その門下からはホジャイノフ、ギンジン、イゴリンスキーなど数々のピアニストを輩出している。チャイコフスキーをはじめ世界各国の国際コンクールの審査員を務め、スクリャービンコンクールでは審査委員長を務める。現在、モスクワ音楽院ピアノ科主任教授、桐朋学園大学客員教授。
『辰巳 明子』の画像
辰巳 明子
Akiko Tatsumi
【当アカデミー音楽監督】桐朋学園大学特任教授

 鷲見三郎、斎藤秀雄、海野義雄の各氏に師事、桐朋学園大学を首席で卒業。ベルリンでサシコ・ガブリロフ氏に師事。日本音楽コンクール第2位。海外派遣コンクール特別賞、文化放送音楽賞、ドイツより音楽批評家賞を受賞。これまでにハンブルク放響、フランクフルト放響、ハレ響、シュトゥットガルトフィル、都響、東響、新日フィル等と共演。北京中央音楽院、上海音楽院、カリフォルニア大学、ウィーン音楽大学、ザルツブルグモーツァルテウム、チューリッヒ音楽院などで指導。日本音楽コンクールをはじめ、オイストラフ、ヴィエニアフスキ等、数々のコンクールの審査員を務めている。ベルリン芸術大学講師を経て、桐朋学園大学主任教授、副学長を務め現在特任教授。ヴァイオリン・フェスタ・トウキョウ音楽監督。シャネル・ネクサス・ホールアドバイザー。
『『岡本美智子』の画像』の画像
岡本 美智子
Michiko Okamoto
桐朋学園大学特任教授

 桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。これまでに、有賀和子、井口基成の両氏に師事した。大学1年在学中、第32回毎日コンクールピアノ部門第2位入賞。1966年よりアメリカに留学し、リリー・クラウス女史に師事。1969年メドウブルック音楽祭より奨学金を受けウラディミール・アシュケナージ氏に師事する。1969年ヴァン・クライバーン国際コンクール第6位入賞。1970年より桐朋学園大学で教鞭をとっている。1978年第6回チャイコフスキー国際コンクールにおいてチェロ部門で第2位入賞を果たした藤原真理氏の伴奏ピアニストを務め、最優秀伴奏者賞を受賞。現在桐朋学園大学音楽学部ピアノ科特任教授。
『澤 和樹』の画像
©K.Miura
澤 和樹
Kazuki Sawa
東京藝術大学音楽学部長・教授

 1979年東京芸術大学大学院修了。安宅賞受賞。ロン=ティボー、ヴィエニアフスキ、ミュンヘンなどの国際コンクールに入賞。イザイ・メダル、ボルドー音楽祭金メダル受賞などヴァイオリニストとして国際的に活躍。1990年には澤クァルテットを結成。1996より指揮活動を開始、永年の室内楽やコンサートマスターとしての経験を生かしたオーケストラコントロールが注目される。九州交響楽団、東京フィル、日本フィルにも客演し好評を博す。2004年、和歌山県文化賞受賞。現在、東京芸術大学音楽学部長・教授。英国王立音楽院名誉会員。英国北王立音楽院学術特別研究員。響ホール室内合奏団ミュージックアドヴァイザー。千里フィルハーモニア・大阪常任指揮者。
『村上弦一郎』の画像
村上 弦一郎
Genichiro Murakami

桐朋学園大学教授

 1971年第40回NHK毎日音楽コンクール第1位。桐朋学園大学卒業後、ルーマニアのブカレスト音楽院へ留学。各国のコンクールで上位入賞。1978年チャイコフスキー国際コンクールでファイナル・ディプロマ獲得。国内、ヨーロッパ各地でリサイタルをはじめ室内楽、自ら結成したGEN室内合奏団を含むオーケストラとの共演、放送局での録音と幅広く活動。新作の発表にも意欲的に取り組んでいる。ディヌ・リパッティ国際コンクール、日本音楽コンクールをはじめ数多くのコンクールでの審査員を務める。2000年4月~2001年3月ハイデルベルク大学客員研究員。桐朋学園大学教授。

『川久保 賜紀』の画像
川久保 賜紀
Tamaki Kawakubo

第12回チャイコフスキー国際コンクール最高位

 2002年チャイコフスキー国際コンクール最高位。2001年サラサーテ国際コンクール優勝。2004年出光音楽賞、2007年S&R財団ワシントンアワード賞受賞。ロバートリプセット、ドロシー・ディレイ、川崎雅夫、ザハール・ブロンの各氏に師事。欧米の主要なオーケストラと共演し、幼少時より豊富なステージ経験を積む。日本へは1997年初来日。以降定期的に来日して、主要外来オーケストラの日本公演ソリストとして、また日本の主要オーケストラと共演を重ね、高度な技術と深い音楽性で高い評価を得ている。近年はワシントンや淡路島で自ら企画するコンサートを行うなど、プロデューサーとしての才能も発揮している。 

『青柳 晋』の画像
青柳 晋
Susumu Aoyagi

東京藝術大学准教授

 桐朋学園大学在学中、19歳でベルリン芸術大学に留学。ロン=ティボー国際コンクールに入賞後、欧米各地で演奏する。ハエン、カゼッラ、ポリーノの各国際コンクールで第1位受賞。その後日本でも演奏活動を開始し、全国各地のオーケストラと数多く共演。紀尾井ホールで6年連続リサイタルを開催、浜離宮朝日ホールで自主企画による「リストのいる部屋」シリーズを10年継続中。青山音楽賞、ショパン協会賞を受賞。これまでに7枚のCDをリリース、いずれも高い評価を受けている。2012年カーネギーホールでデビューリサイタルを行い、大絶賛を博した。現在、東京藝術大学准教授を務める傍ら、幅広く演奏活動を展開している。

 

 かさまヴァイオリン・スクール

≪ 前期 ≫
≪ 後期 ≫ 
『鈴木亜久里』の画像
鈴木 亜久里
Akuri Suzuki

桐朋学園大学卒業、同研究科修了。第15回東京国際室内楽コンクール第1位、斉藤秀雄賞受賞。1987年イタリア・フィレンツェ国際コンクール入賞。特に武満徹、モーツァルトの演奏に高い評価を得る。NHK午後のリサイタル、FMリサイタル、ベスト・オブ・クラシック等に出演。また、安田謙一郎弦楽四重奏団のメンバーとして演奏活動を行う。現在、海野義雄東京ヴィルトゥオーゾのメンバー。演奏活動のほか、東京音楽大学及び桐朋学園大学附属子供のための音楽教室講師
、全日本芸術コンクール審査員を務める。日本演奏連盟会員。

『森川 ちひろ』の画像
森川 ちひろ
Chihiro Morikawa

ヴァイオリンを鷲見三郎、辰巳明子、江藤俊哉の各氏に師事。第24回全日本学生音楽コンクール東京大会小学校の部第2位、第27回同コンクール東京大会中学の部第1位。桐朋女子高等学校音楽科入学後、第49回日本音楽コンクール第3位。レオニード・コーガン、ジョゼフ・ギンゴールド、ローランド・フェニヴェシュ各氏の指導を受ける。桐朋学園大学卒業後、神戸室内合奏団、東京ゾリステン、現代音楽への取り組み、映像を生かす即興演奏など多方面の演奏活動を行い、現在は桐朋学園大学附属子供のための音楽教室講師として後進の指導にあたっている。

『寺沢 希美』の画像
寺沢 希美
Nozomi Terasawa
桐朋学園大学、英国王立音楽院卒業。ザルツブルクにてコンチェルトソリストコンクール優勝ほか受賞多数。欧州各地でも演奏活動を行い、現在は国内外のオーケストラとの共演や、リサイタルで活躍中。日経イメージキャラクターとしてに出演、またのオープニンクテーマ曲を演奏、「クラシックブーケ」ではパーソナリティを務めている。ラジオ、雑誌への出演なども多く多彩に活躍中。桐朋学園大学附属子供のための音楽教室講師。
『木村 恭子』の画像
木村 恭子
Kyoko Kimura

桐朋女子高等学校音楽科在学中に全日本学生音楽コンクール全国1位。卒業と同時に英国ギルドホール音楽院へ留学。カール・フレッシュ、ロドルフォ・リピツァー、モントリオールなどの国際コンクール入賞。以後、イギリス、フランス、ドイツ、オランダ、ベルギーなど欧州各地で演奏活動を行う。1990年より、桐朋学園大学附属子供のための音楽教室講師、1996年より弦楽四重奏団オブリオン・カルテットの第1ヴァイオリン奏者をつとめる。2006年よりミュージックセミナーinゆうばり(旧トマム)の講師として招聘されている。 

 『楠 尚子』の画像
楠 尚子
Naoko Kusunoki

東京生まれ。桐朋女子高校音楽科を経て桐朋学園大学、フライブルク音楽大学卒業。ライプツィヒ音楽演劇大学演奏家コース修了。イエナ・フィルハーモニー、ホーフ交響楽団、ヘッセン州立歌劇場にて第一ヴァイオリン奏者を務めた後帰国。現在、桐朋学園大学附属子供のための音楽教室講師。第45回全日本学生音楽コンクール大阪大会中学校の部第2位。ライプツィヒ室内管弦楽団等と共演。東京文化会館小ホール等でリサイタルを行う。曽我部千恵子、小栗まち絵、辰巳明子、ニコラス・チュマチェンコ、サシコ・ガヴリロフ、マリアーナ・シルブの各氏に師事。

『『勅使河原 真実』の画像』の画像 勅使河原 真実
Mami Teshigawara

桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学卒業、同研究科修了。鷲見三郎、辰巳明子、G.ボッセ各氏に師事。在籍中に奨学金を得てノーフォーク音楽祭に参加。以降、度々渡欧し故Y.ニーマン、H.クレッバース各氏に師事。在学中より協奏曲、リサイタル、室内楽など、幅広い演奏活動を行う。現在、多くのジュニアコンクールの審査員を務めるほか、プラハサマーアカデミー、ゆうばり(旧トマム)などのマスタークラスに招聘されている。桐朋学園大学附属子供のための音楽教室、洗足学園音楽大学講師。 

 ※かさまヴァイオリン・スクールの講師は、桐朋学園大学附属子供のための音楽教室講師です。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-71-3220

スマートフォン用ページで見る