1. ホーム>
  2. 保険・福祉・医療>
  3. 保険・福祉・医療のお知らせ>
  4. A群溶血性レンサ球菌咽頭炎・伝染性紅斑が流行しています

保険・福祉・医療

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎・伝染性紅斑が流行しています

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎および伝染性紅斑が例年より多くなっています。注意しましょう。



1.A群溶血性レンサ球菌咽頭炎とは

A群溶血性レンサ球菌による感染症です。毎年春から初夏と冬季の2回、患者数が増加しています。

 

潜伏期

2~5日

 

症状

突然の38度以上の発熱、全身倦怠感、咽頭痛、リンパ節腫脹等(成人が発症した場合、典型的な症状が見られないこともあります。)
熱は数日で下がり、1週間以内に症状は改善します。二次疾患としてリウマチ熱や急性糸球体腎炎、中耳炎、肺炎等を起こすこともあります。

 

感染経路

患者の咳やくしゃみ等から感染します。

 

感染予防

手洗いやうがい、咳エチケット等を心がけましょう。

 

2.伝染性紅斑とは

ヒトパルボウイルスB19による感染症です。両頬がリンゴのように赤くなることから「リンゴ病」とも呼ばれています。夏季に流行し、約5年ごとの周期で発生数の増加がみられています。

 

潜伏期

4~15日

 

症状

両頬の蝶系紅斑に続き、手足にレース様の紅斑が出現、発熱、咽頭痛、リンパ節腫脹
成人では、関節痛や頭痛等を伴うことがあります。また、妊婦が感染した場合には、胎児の異常や流産を引き起こすことがあります。

 

感染経路

咳やくしゃみ等からの感染、汚染された手指等を介して感染します。

 

感染予防

手洗いやうがい、咳エチケット等を心がけましょう。また、妊娠中あるいは妊娠の可能性がある女性は、できるだけ患者との接触を避けるようにしてください。



健康増進課(友部保健センター内)

  • 友部保健センター 【電話番号】0296-77-9145
  • 笠間保健センター 【電話番号】0296-72-7711
  • 岩間保健センター 【電話番号】 0299-45-7888

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課(各保健センター)です。

〒309-1704 笠間市美原三丁目2番11号

電話番号:0296-77-9145 ファックス番号:0296-77-9146

スマートフォン用ページで見る