1. ホーム>
  2. 保険・福祉・医療>
  3. 保険・福祉・医療のお知らせ>
  4. 第十回特別弔慰金の請求受付について(平成27年4月1日から平成30年4月2日まで)

保険・福祉・医療

第十回特別弔慰金の請求受付について(平成27年4月1日から平成30年4月2日まで)

【特別弔慰金の請求について】
今回の特別弔慰金に関わる書類は、社会福祉課及び各支所福祉課窓口にてお渡しいたします。
請求の際、戸籍書類が必要となります。
申請は必要となる書類をすべてそろえた上でお願いいたします。


【特別弔慰金の趣旨】
戦後70周年に当たり、今日の我が国の平和と繁栄の礎となった戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔慰の意を表するため、戦没者等のご遺族に特別弔慰金(記名国債)を支給するものです。
今般の法改正による特別弔慰金については、ご遺族に一層の弔慰の意を表するため、償還額を年5万円に増額するとともに、5年ごとに国債を交付することとしています。


【支給対象者】
戦没者等の死亡当時のご遺族で、平成27年4月1日時点で「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受ける方(戦没者等の妻や父母等)がいない場合、次の順番による先順位のご遺族お一人に支給。

順位 対象者
1 弔慰金受給権者
2
3 戦没者等死亡当時、戦没者等と生計を共にしており、平成27年4月1日現在、氏を変える婚姻・養子縁組をしていない
(1)父母 (2)孫 (3)祖父母 (4)兄弟姉妹
4 上記3以外の(1)父母 (2)孫 (3)祖父母 (4)兄弟姉妹
5 戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上生計を共にしていた三親等内親族
(1)葬祭を行ったもの (2)葬祭を行っていないもの

※子については、戦没者等の死亡当時の胎児も含まれます。
※戦没者死亡後に出生した兄弟姉妹・孫・三親等内親族は、特別弔慰金の対象遺族になりません。
※状況により先順位が変わる場合もありますので、詳しくは窓口にお問合せください。

◇こんなとき該当になります◇
例1   これまでに特別弔慰金を受け取ったことがある。
例2   公務扶助料や遺族年金を受給していた遺族が平成27年3月31日までに亡くなった。
    平成27年4月1日現在その他の遺族が生存している。
    →上記の表で紹介している遺族の順位の最高位の方が請求できます。
例3   これまで特別弔慰金を受給していた遺族が平成27年3月31日までに亡くなった。
    平成27年4月1日現在その他の遺族が生存している。
    →上記の表で紹介している遺族の順位の最高位の方が請求できます。
その他  ※その他の事例も考えられます。
上記に当てはまらない方も該当かと思われましたら、社会福祉課及び各支所福祉課までお問い合わせください。


【支給内容】
額面25万円、5年償還の記名国債


【請求期間】
平成27年4月1日から平成30年4月2日まで
(請求期間を過ぎると第十回特別弔慰金を受けることができなくなりますので、ご注意ください。)


【申請に必要な書類】
請求書類等(社会福祉課、各支所福祉課に備え付けています)
1.戦没者等の遺族に対する特別弔慰金請求書
2.第十回特別弔慰金国庫債券印鑑等届出書
3.戦没者等の遺族の現況等についての申立書
4.特別弔慰金請求同意書(同順位者がいる場合)

戸籍書類等
「平成27年4月1日(基準日)現在の請求者の戸籍抄本」等、必要な書類がありますが、請求者が過去に特別弔慰金の請求をしたことがあるか等の状況により、提出していただく書類が異なりますので、お問い合わせください。


【請求窓口】
社会福祉課及び各支所福祉課


【関連情報】
厚生労働省 第十回特別弔慰金ホームページ(新しいウインドウで開きます)

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは社会福祉課 福祉Gです。

〒309-1792  笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-77-1162

スマートフォン用ページで見る