1. ホーム>
  2. 保険・福祉・医療>
  3. 保険・福祉・医療のお知らせ>
  4. インフルエンザを予防しましょう

保険・福祉・医療

インフルエンザを予防しましょう

インフルエンザは、12月から3月にかけて流行し、突然の高熱と全身のだるさ、筋肉痛など全身症状が現れることが特徴です。
まずは手洗いでインフルエンザ予防をして、かかったら、マスク等咳エチケットも忘れないようにしましょう。



インフルエンザを予防するためには

  • 外出後には手洗いをしましょう。アルコールを含んだ消毒液で手を消毒するのも効果的です。
  • 乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保ちましょう。
  • 体の抵抗力を高めるために、睡眠を十分にとり、バランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう。
  • インフルエンザが流行してきたら、特に妊婦、高齢の方や基礎疾患のある方、疲労気味、睡眠不足の方は、人混みや繁華街への外出を控えましょう。
  • 予防接種は、インフルエンザが発症する可能性を減らし、もし発症しても重い症状になるのを防ぎます。



咳エチケットとは

  • 咳・くしゃみが出る時は、他の人にうつさないためにマスクを着用しましょう。
    マスクを持っていない場合は、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて1m以上離れましょう。
  • 鼻汁、痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨てましょう。
  • 手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗いましょう。

※咳エチケット用のマスクは、薬局やコンビニエンスストア等で市販されている不織布(ふしょくふ)製マスクの使用が推奨されます。
※マスクの装着は説明書をよく読んで、正しく着用しましょう。



関連リンク

『インフルエンザ予防』の画像

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課(各保健センター) 健康企画Gです。

〒309-1704 笠間市美原三丁目2番11号

電話番号:0296-77-9145 ファックス番号:0296-77-9146

スマートフォン用ページで見る