保険・福祉・医療

徘徊高齢者等SOSネットワーク

 近年、認知症により高齢者が徘徊し行方不明になるケースが増加しています。笠間市では、行方不明者が発生した場合に、一刻も早く無事に発見することができるように、平成26年11月から笠間市徘徊高齢者等SOSネットワーク(以下「SOSネットワーク」という)をスタートしました。 

SOSネットワークとは?
 高齢者等が行方不明になったときや、身元が判らない方が保護されたときに、警察だけでなく地域の方や事業所の皆さんにご協力をいただき、すみやかに行方不明者を発見または身元を確認する仕組みです。

 

協力員・協力機関を募集しています
 警察を通して家族から捜索協力の要請があった際に、日常生活をしながら捜索にご協力いただける市民の方を「協力員」として、日常業務の中で高齢者の見守り活動にご協力いただける事業所を「協力機関」として登録させていただいております。 

 行方不明者の情報は、防災無線や“かさめ~る”で発信していますが、協力員・協力機関の皆さんには、ご家族の同意のもと、より詳細な情報をメールやFAXにより配信します。

 

SOSネットワークの広域連携
 認知症による徘徊は市外に及ぶケースもあります。茨城県では県内市町村のネットワークがあり、さらに近隣の都県にも照会ができる仕組みになっています。

 

事前登録制度をご利用ください
 行方不明になる可能性のある方の名前や特徴、写真などの情報をあらかじめ登録していただくことで、徘徊高齢者等(障がい者、児童も含む)の早期発見や、保護された時の身元確認に役立てます。登録は任意です。 

 

 茨城県身元不明の認知症高齢者等に関する情報(新しいウインドウで開きます)

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは高齢福祉課 高齢福祉Gです。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-77-1162

スマートフォン用ページで見る