1. ホーム>
  2. 行政情報>
  3. 行政情報のお知らせ>
  4. 子ども・子育て支援新制度について(2)

行政情報

子ども・子育て支援新制度について(2)

幼稚園・保育所(園)・認定こども園を利用する保護者の皆様へ

平成24 年8月、子ども・子育てをめぐる様々な課題を解決するために、「子ども・子育て支援法」という法律ができました。この法律と、関連する法律に基づいて、幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援の量の拡充や質の向上を進めていく「子ども・子育て支援新制度」が、平成27年4月に本格スタートを予定しています。

新制度実施に伴い幼稚園、保育所(園)や認定こども園の利用手続きが変わります。

幼稚園、保育所、認定こども園等の利用をするには、笠間市の認定を受ける必要があります。認定には、3つの区分【教育標準時間認定(1号認定)、保育認定(2号認定・3号認定)】があります。 

認定区分 対象となる子ども 利用できる施設

1号認定

(教育標準時間認定)

満3歳以上の小学校就学前の子ども(2号認定を除く)

幼稚園(※)、認定こども園

2号認定

(3歳以上保育認定)

満3歳以上の小学校就学前の子どもで「保育の必要な事由(保護者の就労や疾病等)」に該当し、保育所等での保育を希望する場合

保育所、認定こども園

3号認定

(3歳未満保育認定)

満3歳未満の子どもで「保育の必要な事由(保護者の就労や疾病等)」に該当し、保育所等での保育を希望する場合

保育所、認定こども園、地域型保育

※幼稚園については、新制度に移行する幼稚園と現行制度のまま継続する幼稚園とがあり、今後、各園の判断でどちらかを選択することになります。

 

〈保育料について〉

保護者の所得に応じた支払いが基本となります。

新制度の様々な支援にかかる保育料の額は、現行の負担水準や保護者の所得に応じて、 国が定める基準を上限として、笠間市が設定します。笠間市における利用料金については、今後検討し、順次お知らせします。(現行制度のまま継続する幼稚園は除く)

 

〈施設類型別の内容〉

◇幼稚園について

現在の幼稚園は、平成27年4月(予定)から「新制度に移行する幼稚園」と「現行制度のまま継続する幼稚園」があり、今後、各園の判断でどちらかを選択することになります。

  新制度に移行する幼稚園 現行制度のまま継続する幼稚園
契約 各幼稚園と直接契約 各幼稚園と直接契約
認定証 1号認定証(教育標準時間認定)が必要 必要なし
保育料

保護者の所得に応じた支払いが基本となります。

国が定める基準を上限として、今後、笠間市が定めます。

各幼稚園が設定した金額

 

 ◇保育所(園)について

保育所(園)の利用には、笠間市が交付する「保育の必要性」(2号認定・3号認定)の認定証が必要になります。

「保育の必要性」(2号・3号認定)には、「保育の必要な事由(保護者の就労や疾病等)」に該当することが必要になります。

  保育所(園)
契約 笠間市と契約
認定証 2号認定書(3歳以上保育認定)・3号認定書(3歳未満保育認定)が必要
保育料

保護者の所得に応じた支払いが基本となります。

国が定める基準を上限として、今後、笠間市が定めます。

 

◇認定こども園について

  認定こども園(幼稚園部分) 認定こども園(保育所部分)
契約 各認定こども園と直接契約 各認定こども園と直接契約
認定証 1号認定証(教育標準時間認定)が必要 2号認定証(3歳以上保育認定)・3号認定証(3歳未満保育認定)が必要
保育料

保護者の所得に応じた支払いが基本となります。

国が定める基準を上限として、今後、笠間市が定めます。

保護者の所得に応じた支払いが基本となります。

国が定める基準を上限として、今後、笠間市が定めます。

 

画像:新制度における申込方法

 

 子ども・子育て支援新制度の詳細な内容については、ここをクリックしてください(外部リンク)。(新しいウインドウで開きます)内閣府のホームページにリンクします。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは子ども福祉課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-77-1146

スマートフォン用ページで見る