1. ホーム>
  2. 行政情報>
  3. 行政情報のお知らせ>
  4. 子ども・子育て支援新制度について(1)

行政情報

子ども・子育て支援新制度について(1)

 『子ども・子育て支援新制度』とは、平成24年8月に成立した「子ども・子育て支援法」、「認定こども園法の一部改正」、「子ども・子育て支援法及び認定こども園法の一部改正法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」の子ども・子育て関連3法に基づく制度のことをいいます。

 これまでの課題として、

「親の働く状況の違いにより、質の高い幼児期の学校教育・保育を受けられないこと」、「核家族化や高齢化、また地域での人間関係の希薄化などにより、家庭や地域での子育て力が低下していること」、「都市部を中心に保育所に入れない待機児童」などがあり、こうした課題の解決に向けて取り組みをしていきます。

 

子ども・子育て関連3法の主なポイント

1.認定こども園、幼稚園、保育所を通じた共通の給付(「施設型給付」)及び 小規模保育等への給付(「地域型保育給付」)の創設

2.認定こども園制度の改善(幼保連携型認定こども園の改善等)

3.地域の実情に応じた子ども・子育て支援(利用者支援、地域子育て支援拠点、放課後児童クラブなど)の充実 など

 

子ども・子育て支援新制度の詳細な内容については、ここをクリックしてください(外部リンク)。(新しいウインドウで開きます)内閣府のホームページにリンクします。

 

 

笠間市の対応

 新制度の実施主体として市が、地域の実情を反映した5ヵ年を1期とする事業計画を策定し、それに基づいて施設(認定こども園、幼稚園、保育園、小規模保育など)やサービス(一時預かり、延長保育、乳児家庭全戸訪問など)を整備・実施していきます。現在は、笠間市においても新制度へ円滑に移行するための準備を進めています。

 

1.事業計画について

  国の定める「基本指針」に即した「笠間市子ども・子育て支援事業計画(仮称)」(平成27年度から平成31年度)の策定をします。地域の実情を踏まえて、今後、どのような施設・サービスをどのくらい、いつまでに整備・実施していくかを定めます。策定時期は、平成27年3月を予定しています。

 

2.笠間市子ども・子育て会議について

  笠間市子ども・子育て会議条例を平成25年9月に制定し、11月7日に第1回笠間市子ども・子育て会議を開催しました。会議の構成員は20名で、学識経験者、教育・保育関係者、子どもの保護者、公募市民等で構成されています。今後の会議は公開で、事業計画の策定を進めていきます。

 

笠間市子ども・子育て会議の会議内容については、ここをクリックしてください。

 

 3.ニーズ調査の実施について

  事業計画の基礎資料となるニーズ調査を、就学前児童及び就学児童(小学校低学年)を対象に抽出により実施しました。ニーズ調査を集計・分析し、事業計画の資料として活用していきます。

 ●実施期間:平成25年11月25日~平成25年12月2日

 ●配布件数 3,139件

 ●回収件数 2,678件

 ●回収率   85.3パーセント

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは子ども福祉課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-77-1146

スマートフォン用ページで見る