保険・福祉・医療

笠間市食育計画

笠間市では市民が生涯にわたり、健康で元気に安心して暮らせる地域社会を実現するため、その行動指針となる健康増進計画と食育計画をあわせもつ「笠間市健康づくり計画」を平成24年3月に策定しました。
この計画にある、「心身の健康のために、自らの食について考え、判断できる力を身につけることのできる笠間市民を育む」ことを達成するために、3つの重点目標をかかげ各分野において食育の推進に取り組んでいます。

【笠間市食育計画の重点目標】

3食をきちんと食べましょう

生活習慣病予防の食生活を実践しましょう

食材の味を楽しめる味覚を育てましょう


3つの取り組みを乳幼児期・児童期・思春期・青年期・壮年期・高齢期のライフステージ別に分け、市民の皆さんと一緒に取り組んでいきます。

重点目標乳幼児期
0~5歳
児童期
6~12歳
思春期
13~19歳
青年期
20~39歳
壮年期
40~64歳
高齢期
65歳以上
3食きちんと食べることをすすめる            
決まった時間に、3食きちんと食べましょう
朝食の欠食をなくしましょう
1日最低1食は、家族一緒に食事できるように努めましょう
           
生活習慣病予防の食生活の実践をすすめる            
栄養バランスのとれた食事をとりましょう
間食は決まった時間とし、甘味食品や甘い飲料の取りすぎに注意しましょう  

料理は塩分や脂分を控え
薄味を心がけましょう

料理は薄味を心がけましょう
    野菜や、適度な乳製品をとりましょう
      自分の適性体重を維持するために必要な食事量を把握し、実践しましょう
           
食材の味を楽しめる味覚を育てる            
多種類の食材の経験ができるようにしましょう      
  旬の食材を知り、味わって食べましょう 旬の食材や多種類の食材の味を楽しみましょう
学校給食等で食の多様性と地域の食とのつながりを学びましょう      
好き嫌いをなくしましょう      
  進んで調理の体験をできるようにしましょう 年齢・男女にかかわらず
進んで調理に取り組みましょう
           
  乳幼児期
0~5歳
児童期
6~12歳
思春期
13~19歳
青年期
20~39歳
壮年期
40~64歳
高齢期
65歳以上

食育は生涯にわたって進めるものですが、成長発達の目覚ましい子どものころに、食事リズムの確立・バランスのとれた食事や薄味の習慣、食材の知識や味の経験などをすることで、よい食習慣が身につき、心と体の健康へとつながります。家庭・学校・地域・関係機関・行政が連携して食育を進めていきましょう。

「3食を規則正しく、バランスよく、おいしく食べるために」

主食・主菜・副菜を食事バランスの基本に、一日に「何を」「どれだけ」食べたらよいかの目安を分かりやすくをコマをイメージしたイラストで示しているのが「食事バランスガイド」です。詳しくは、食事バランスガイドのページをご覧ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課(健康増進課・保健センター)です。

〒309-1734 笠間市南友部1966番地1

電話番号:0296-77-9145 ファックス番号:0296-77-9146

スマートフォン用ページで見る