1. ホーム>
  2. まちづくり>
  3. 地域おこし協力隊>
  4. 笠間市地域おこし協力隊

まちづくり

笠間市地域おこし協力隊

「都会を離れて地方で生活したい」「地域社会に貢献したい」「人とのつながりを大切にして生きていきたい」「自然と共存したい」「自分の手で作物を育ててみたい」・・・。 今、都市に住む人たちがさまざまな理由で豊かな自然環境や歴史、文化等に恵まれた「地方」に注目しています。

地域おこし協力隊とは、総務省が平成21年度から取り組んでいる制度で、概ね1年以上最長3年の期間、都市部の意欲ある人材が地方へ移住し、地域力の維持・強化を目的とした支援活動を行うものです。笠間市では平成25年度より地域おこし協力隊を受け入れ、現在5名の隊員が活動しています。

地域資源を発掘し、それらを活用した振興活動などを通じて、地域活性化への起爆剤になることを期待しています。

≪基本活動≫
行政や地域住民および関係団体などと連携し、次に掲げる活動を実施しています。
・地域資源の発掘及び地域資源活用に関する活動
・産業振興に関する支援活動
・伝統文化継承に関する支援活動
・定住促進に関する支援活動
・その他、地域活性化に関する活動

≪具体的な活動≫
・各種イベント協力 ・ウェブ等の整備、情報発信活動 ・まちづくり活動への参画等 ・年2回の定期報告会の開催 ・住民、関係者、各団体との連携 ・自主提案事業の企画、運営 ・定住、定着のための組織づくりなど

笠間市地域おこし協力隊のご紹介

 

橋本 和善 隊員

『橋本隊員』の画像【活動年数】2年目
【前住所】千葉県
【プロフィール】
前職は外資系ホテルで働いていました。里山に囲まれた自然豊かな笠間市の景色に憧れて協力隊になりました。

【意気込み】 
昨年一年間過ごし生活者目線で笠間市の良さを知ることができました。市内外に向けて、笠間の魅力を更に積極的にPRしていきたいと考えています。
私の活動テーマである健康増進においては、昨年市内で初めてイベントが開催された「ノルディックウォーキング」の活動を軸に、主に歩くことを通じて「健康都市かさま」の実現に貢献したいと考えています。また、社会的に進む高齢化、認知症患者の増加などの社会問題にも目を向けつつ、地域コミュニティーの支援活動にも取り組んでいきたいと考えています。

【活動内容】
・ノルディックウォーキングでの市民の健康増進
・山やハイキングを通した地域振興活動
・高齢者サロンのサポート
・認知症カフェのサポート

 

柳澤 明 隊員

『『柳澤1』の画像』の画像【活動年数】2年目
【前住所】埼玉県
【プロフィール】
30年ほど勤めた広告会社を退職後、事業開発のコンサルティングを中心に活動していました。
日本将棋連盟の普及指導員の資格と、狩猟免許の第一種銃・罠猟の資格を持っております。

【意気込み】
移住して一年がたち、「里山都市」笠間は、土地の持つ力に加え、暮らしている人の力、いってみれば総合的な「地力(ちりょく)」が豊かであることを実感しています。そしてその豊かさを築いてきた市民のみなさんの底力を感じる毎日です。
担当する農業分野の支援活動において、前職での経験を活かして「地力」の活性化に少しでも貢献できればと思います。みなさんのお知恵をお借りすることも多くなると思いますが、一緒に笠間を盛り上げていけるよう活動してまいりますので、よろしくお願いします。

【活動内容】
・栗圃場の収益強化の支援活動
・ワインによる地域活性化の支援活動
・グリーンツーリズムに関係する活動全般

 

秋元 健一 隊員

『『『『秋元2』の画像』の画像』の画像』の画像【活動年数】2年目
【前住所】東京都
【プロフィール】
 IT系の会社で働く傍ら、東京多摩地域の活性化活動に仲間とともに取り組んできました。笠間市との縁もそこから生まれ、何度か訪問するうちに笠間が好きになり、笠間のために汗をかきたいと協力隊に志願しました。

【意気込み】
この一年で知り合いも増え、市内を移動している時によく声をかけていただけるようになりました。引き続き皆さんとの交流の輪を広げつつ、昨年度中小企業庁の長期研修で培った地域資源活用のノウハウを活かして、笠間の持つ素晴らしい地域資源を市内外の方々にもっと知ってもらえるよう活動してまいります。どうぞよろしくお願いします。

【活動内容】
・笠間の栗産業の活性化支援
・農産物等の地域産品のPR
・東京多摩地域を中心とする都市間連携活動
・笠間稲荷門前通りの活性化活動支援

 河又 恵太 隊員

『『『『『河又』の画像』の画像』の画像』の画像』の画像

【活動年数】1年目
【前住所】神奈川県
【プロフィール】
 高校卒業まで茨城に住んでいたので、笠間のことは知っていました。地域おこし協力隊の募集を見つけ、改めて笠間のことを調べていくうちにたくさんの魅力あるこの町に住みたい!と思うようになり、協力隊に応募しました。美味しい食材が豊富な笠間の暮らしがとても楽しみです。

【意気込み】
これまで、服飾、建築、デザイン、料理、日本茶とさまざまな分野にかかわる機会がありました。その視点を生かし、笠間の魅力を再発見、発信していきたいと思います。
まずは自分のことを知ってもらい、皆さんを知ることから始めていきます。何気ないお話の中にいろいろなヒントがあるかと思いますので、ぜひお茶でもしながらお聞かせいただきたいです。

久保  葵 隊員

『『『久保さん』の画像』の画像』の画像【活動年数】1年目
【前住所】東京都
【プロフィール】
前職はブライダル業界、その後生花店でフローリストとして働いておりました。出身は岩手県ですが、学生時代にグリーンツーリズムを学んでいたこともあり、ご縁があって笠間市で活動させていただくことになりました。豊かな自然や食、アートや文化など、たくさんの魅力的な資源を有するこの町で活動できることがとても楽しみです!

【意気込み】
地域活動はそこに住む人あってのものだと思っておりますので、まずはたくさんの方々とお話をして笠間市のことをもっと知りたいです。都市農村交流を通じて、笠間市の魅力を内外に伝え、持続可能な人と人との交流活動ができればと思っています。笑顔を忘れず、地域に笑顔が溢れるような活動ができればと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!




協力隊からの情報発信

日々の活動の様子については、協力隊が随時更新しているブログやフェイスブックからご覧いただけます。

笠間市地域おこし協力隊ブログ(アメーバブログへ) http://ameblo.jp/kasamart-wa/

笠間市地域おこし協力隊フェイスブック(Facebookへ) https://ja-jp.facebook.com/Kasamartowa

その他毎月「広報かさま」に活動内容を連載しておりますので、ご覧ください。
広報かさまバックナンバー http://www.city.kasama.lg.jp/page/dir000429.html

笠間ブランドブック『Kasama on Air』

参考

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはまちづくり推進課です。

〒309-1792 茨城県笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-77-5009

スマートフォン用ページで見る