生き活き菜園「はなさか」

市民農園の概要

市民農園とは、農業者以外の方々が、レクリエーション目的などで、小さな区画の農地を利用して自家用の野菜や花などを育てるための農園のことです。
笠間市では、「生き活き菜園はなさか」を整備し、自然や土とのふれあいを求める市民の利用促進を図っています。家族のコミュニケーションの場やお子さんの食育教育などに、ぜひお役立て下さい。



市民農園の特徴

当施設は、高台にあるため、眺望が素晴らしく、のんびり、ゆったり農作業ができ、きっと気分もリフレッシュ!

隣接施設には、いこいの家「はなさか」(お風呂)がありますので、農作業での汗や日ごろの疲れなどを洗い流すことができます!

☆栽培指導も行いますので、初心者の方でも安心!

 

概要

名称 生き活き菜園はなさか
開設時期 平成19年4月
場所 笠間市橋爪(いこいの家はなさかに隣接)
区画数 84区画(1区画30平方メートル)
対象者 農業を営んでいない方
設備 休憩施設(トイレ)、水道、農機具、駐車場、広場
栽培指導 毎週日曜日 9時から(2時間程度)
使用料 年間 10,280円/1区画

画像:はなさか案内図

はなさか周辺図

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農政課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-77-1146

スマートフォン用ページで見る