農業委員会事務局

農業者年金

新農業者年金制度(新しいウインドウで開きます)は、少子高齢化に即応した農業者の公的年金です。

1.農業に従事する方は誰でも加入できます。
60歳未満で国民年金第1号被保険者で年間60日以上農業に従事している方や配偶者・後継者も加入できます。
2.保険料の助成があります。
認定農業者で一定の要件を満たす方には、保険料の国庫助成があります。
3.保険料を自由に選択できます。
月額保険料2万円~6万7千円で千円単位で選択できます。
4.保険料の節税効果があります。
保険料は全額社会保険料控除の対象となり、支払われる年金にも公的年金等控除が適用されます。
5.積立方式で少子高齢化でも安心です。
保険料を支払っている方の数や年金を自給している方の数がどのように変化しても影響を受けにくい制度になっています。
6.80歳まで保証がついた終身年金です。
加入者・受給者の方が80歳前に亡くなった場合には、80歳まで受取れる年金の現在価格に相当する額が、死亡一時金として遺族に支給されます。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農業委員会事務局です。

〒319-0294 笠間市下郷5140番地(市民センターいわま内)

電話番号:0299-37-6611 ファックス番号:0299-45-2980

スマートフォン用ページで見る