1. ホーム>
  2. 行政情報>
  3. パブリックコメント>
  4. パブリック・コメント手続制度の概要

行政情報

パブリック・コメント手続制度の概要

パブリック・コメント手続制度とは

パブリック・コメント制度とは、市の主要な施策や事業の立案を行なう際に、その素案を市民に広く公開し、皆さんから意見や情報をいただき「それらをできるだけ施策等に活かす」という制度です。
従来、役所内部のみで検討されることの多かった施策等の作成に際して、パブリック・コメント手続制度を導入することによって、市民の皆様に対する情報提供の充実、施策立案に関する説明責任が果たされ、また、案の段階から幅広く市民の意見を参考・考慮していくことにより結果として効果的、効率的な施策の立案ができるという効果があります。

パブリック・コメント手続制度の特徴

(1)意見を提出できる範囲を限定することなく、市内外問わず意見が提出できる。

(2)案の公表の際に、内容が容易に理解されるように、図表や注釈等を加えるなど、表現方法等に工夫をする。

(3)障害者、高齢者等が、資料入手や意見提出について特に希望したときは、それに応えることができるよう配慮する。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-78-0612

スマートフォン用ページで見る