1. ホーム>
  2. くらし・手続き>
  3. 水道>
  4. 異常の判断基準

くらし・手続き

異常の判断基準

水道水に色がある場合

  1. 赤い水が出る。
    【原因】
    給水管の中に赤さびが発生している。
    【対策】
    しばらく放水されるときれいになります。 しばらくしても赤い水が出るようでしたら、水道課へご連絡ください。古い給水管を使用の場合には、新しい管に取り替える必要があります。
  2. 黒い水が出る。
    【原因】
    水道管の中にマンガン酸化物が発生している。
    【対策】
    水道課へご連絡ください。 コップに水を取って明らかに黒色のときは、飲用しないでください。
  3. 白い水が出て、放置すると透明になる。
    【原因】
    水の中に空気でできた小さな気泡が入っている。
    【対策】
    問題ありません。 原水と給水栓水の温度差が大きいとき、水の圧力差が大きいときに発生します。
  4. お風呂にためた水が青く見える。
    【原因】
    水による光の吸収と散乱のためです。空や海が青く見えるのと同じ原理です。
    【対策】
    問題ありません。 特に、アイボリー系の色の浴槽でこの現象が見られます。

 

水道水から異物が出る場合

  1. 砂や土の濁りが出る。
    【原因】
    水道管工事のときに砂や土が混入している。
    【対策】
    水道課へご連絡ください。
  2. 黒くて硬い粒状の異物が出る。
    【原因】
    水道管の腐食による鉄さびが剥がれ落ちている。
    【対策】
    水道課へご連絡ください。古い水道管を使用の場合には、新しい管に取り替える必要があります。
  3. 黒くてやわらかい異物が出る。
    【原因】
    蛇口などのパッキンが劣化して、細片化している。
    【対策】
    蛇口などのパッキンを取り替えてください。 笠間市指定給水装置工事事業者に修理を依頼するか、パッキンの取り替えてください。
  4. 白い異物が出る。
    【原因】
    水道管のライニング、シール剤が剥離している。
    【対策】
    水道課へご連絡ください。

 

水道水に異臭がある場合

  1. 薬品臭・油脂臭がする。
    【原因】
    水道管をつなぐ時に使用した接着剤や油の臭いが、水道水についている。
    【対策】
    水道課へご連絡ください。 しばらく放水すれば、臭いが取れる場合もあります。水道水の安全性は問題ありませんが、飲用にはできるだけ放水した後にご使用ください。
  2. 石油臭がする。
    【原因】
    貯水槽水道(受水槽)を使用している場合は受水層に燃料油などが混入している。
    【対策】
    受水槽を清掃してください。受水槽の管理は、「貯水槽水道(受水槽)の管理について」をご覧ください。
    直結方式の給水である場合には、水道課へご連絡ください。
  3. 金気臭がする。
    【原因】
    鉄、亜鉛、銅が多量に含まれている。 古いタイプの鋼管が使われている場合に、さび水が発生している。
    【対策】
    水道課へご連絡ください。 古い給水管を使用の場合には、腐食しにくい管に取り替える必要があります。
  4. 腐敗臭(下水臭)がする。
    【原因】
    給水装置に井戸等とのクロスコネクションがある。
    【対策】
    水道課へご連絡ください。 水道水を調査し、異常があれば、修理をする必要があります

 

水道水の味がおかしい場合

  • 金属味・渋味がする。
    【原因】
    鉄、亜鉛、銅が多量に含まれている。
    【対策】
    水道課へご連絡ください。 古い給水管を使用の場合には、新しい管に取り替える必要があります。

 

その他

  • ヤカンの底や口に固形物が付着している。
    【原因】
    硬度成分が析出している。
    【対策】
    白い固形物はミネラル分であり、安全性に問題はありません。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは水道課です。

〒309-1723 笠間市矢野下750番地(浄化センターともべ内)

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-77-0583

スマートフォン用ページで見る