1. ホーム>
  2. 観光・文化>
  3. 文化・歴史>
  4. 市指定文化財>
  5. 市指定文化財 [阿弥陀三尊像(あみださんぞんぞう)]

文化・歴史

市指定文化財 [阿弥陀三尊像(あみださんぞんぞう)]

【製作】 鎌倉時代末から南北朝時代
【像形】 阿弥陀如来立像:像高40.5cm、観音菩薩像:像高30.4cm
勢至菩薩像:像高29.9cm

本像は、新善光寺の本尊と伝えられ、現在は茨城県立歴史館に寄託されている。この像は、善光寺式三尊像で、右手は施無畏印(せむいいん)、左手は手刀印を結んでいる。脇侍の観音菩薩像と勢至菩薩像は梵篋印(ぼんきょういん)(両手を胸のあたりで上下に重ね、その間に宝珠を持つ形)を結んでいる。本尊の螺髪(らほつ)や肉髻(にくけい)が大きく、鎌倉時代の特色をよく示している。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-71-3220

スマートフォン用ページで見る