保険・福祉・医療

予防接種

 1.お子様の予防接種の種類と回数(標準的な接種年齢を参考に接種してください。)

予防接種の種類      対象年齢標準的な接種年齢接種方法及び回数

不活化ワクチン

ヒブ

初回     生後2か月~5歳未満

*初回接種開始

生後2か月~7か月未満              

27日以上、標準的には27~56日間の間隔で3回

※2回目・3回目の接種は、1歳未満までに行うこととし、それを超えた場合は行わない。その際の追加接種は、初回接種終了後27日以上の間隔で1回。

追加   初回接種終了後、7か月以上、標準的には7~13か月まで間隔で1回

不活化ワクチン

小児用肺炎球菌

初回 生後2か月~5歳未満

*初回接種開始

生後2か月~7か月未満                 

27日以上の間隔で3回、標準的には1歳未満までに行う

※2回目・3回目の接種は、2歳未満までに行うこととし、それを超えた場合は行わない。また2回目の接種が1歳を超えた場合、3回目の接種は行わない。(追加接種は、可能)

追加   初回接種終了後、60日以上あけて1歳~1歳3か月未満に1回

不活化ワクチン

B型肝炎

1歳未満

生後2か月~9か月未満 27日以上の間隔をおいて2回接種した後、1回目接種から139日(20週)以上の間隔をおいて1回

不活化ワクチン

4種混合

(ジフテリア・百日せき・ポリオ・破傷風)

1期初回

生後3か月~7歳6か月未満

生後3か月~1歳未満 20日以上、標準的には20~56日までの間隔で3回
1期追加  

初回接種終了後、6か月以上、標準的には1年~1年6か月の間隔で1回

生ワクチン

BCG(結核)

1歳未満 生後5か月~8か月未満 1回

生ワクチン

麻しん風しん(MR)

1期 1歳~2歳未満 1回
2期 年度内に6歳になる方 1回

生ワクチン

水痘(水ぼうそう)

1歳~3歳未満 1回目は1歳~1歳3か月未満 3か月以上、標準的には6か月~1年までの間隔で2回

不活化ワクチン

日本脳炎

1期初回

生後6か月~7歳6か月未満

3歳 6日以上、標準的には6~28日までの間隔で2回
1期追加 4歳 初回接種終了後、6か月以上、標準的にはおおむね1年の間隔をおいて1回
2期 9歳~13歳未満 9歳 1回

 不活化ワクチン

二種混合

(ジフテリア・破傷風)

 2期 11歳~13歳未満 11歳   1回

 不活化ワクチン

子宮頸がん

 

 

 

 

 

小学校6年生~高校1年生相当の女子  中学1年生

 サーバリックス【計3回】

1か月の間隔をおいて2回目を接種し、1回目から6か月の間隔をおいて3回目を接種

ガーダシル【計3回】

2か月の間隔をおいて2回目を接種し、1回目から6か月の間隔をおいて3回目を接種

 ○日本脳炎の予防接種を積極的勧奨の差し控えにより接種を逃した以下の方は、定期接種として不足回数分を接種することができます。

  H7年4月2日~H19年4月1日生の方・・・20歳未満まで、日本脳炎I期・2期を、定期接種として接種できます。

  H19年4月2日~H21年10月1日生の方・・・9歳~13歳未満の間、日本脳炎のI期の不足分を、定期接種として接種できます。

  ※今年度18歳となる方には、積極的勧奨を行っています。

○子宮頸がんの予防接種は、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛みが子宮頸がん予防ワクチンの接種後に報告されていることから、副反応の発生頻度等、適切な情報提供ができるまでの間、積極的に接種をお勧めしておりません。しかし、接種を希望される方は、定期接種として無料で接種できます。

 ※厚生労働省のパンフレットもご覧ください。

  1.HPV ワクチンの接種を検討している お子様と保護者の方へ(青)(新しいウインドウで開きます)

  2.HPVワクチンを受ける お子様と保護者の方へ(オレンジ)(新しいウインドウで開きます)

  3.HPV ワクチンの接種に当たって  医療従事者の方へ(緑)(新しいウインドウで開きます)

 

2.小児インフルエンザ予防接種費用助成事業

 ※任意接種のため、希望される方のみ接種してください。

対象者 1歳(接種日現在)から中学3年生
助成額 接種1回につき1,000円
助成回数

1歳~12歳    ・・・・・2回
13歳~中学3年生 ・・・・・1回

接種期間 平成30年10月1日(月曜日)~平成31年1月31日(木曜日)
接種場所 笠間市内予防接種協力医療機関
接種時の持ち物 母子健康手帳、健康保険証

 

3.高齢者の予防接種

種類高齢者インフルエンザ         高齢者肺炎球菌
対象者

65歳以上の方

今年度65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳の方

(対象年齢の方には、個別通知いたします)

60~64歳の方で、心臓・じん臓・呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害を有する方

(身体障害者1級程度)

接種期間平成30年10月1日(月曜日)~平成31年1月31日(木曜日)平成30年4月5日(木曜日)~平成31年3月31日(日曜日)
接種料金接種料金のうち市が1,500円負担します

接種料金のうち市が3,000円負担します

任意で接種された場合は、定期接種の年齢になっても補助の対象となりませんので、ご注意ください

接種方法

市内の医療機関・・・直接医療機関に申し込んで接種してください

市外の医療機関・・・事前に保健センターで予診票の交付を受けてかtら接種してください

高齢者肺炎球菌を接種する方は、ハガキ(緑色)を持参してください

 

<予防接種実施医療機関>

市内予防接種実施医療機関はこちら(新しいウインドウで開きます)

県内予防接種実施医療機関については、茨城県医師会のホームページ(新しいウインドウで開きます)をご覧ください。

 

帯状疱疹に要注意!~50歳以上の方は早めに予防を~

水痘(水ぼうそう)と帯状疱疹は、ともに水痘・帯状疱疹ウイルスが起こす病気です。このウイルスに感染した方(多くは子ども)は、水痘になります。水痘が完治した後も、ウイルスは神経節に隠れて免疫細胞の攻撃をかわし、何十年もひっそり潜伏し、加齢や病気、強いストレスや薬の影響で免疫が弱まると、神経に痛みを起こす帯状疱疹を発症します。

なお、帯状疱疹は高齢者に多く、50歳代で増え始め70歳代でピークになります。

○帯状疱疹にかかると・・・

帯状疱疹にかかると、神経に強い痛みをおこします。場合によっては、入院加療が必要になることもあります。

帯状疱疹による神経痛を残すこともあり、強い痛みが数カ月から数年続くこともあるといわれています。

また、帯状疱疹が原因となり、他者に水痘をうつす可能性も否定できません。

  

○50歳以上の方はワクチンで予防

予防接種は、全額自己負担となりますが、発症してからのリスクを考えれば、ワクチン接種で発症を予防することも検討してみてはいかがでしょうか。詳しくは、保健センターやかかりつけ医にご相談ください。

 

○大切な予防接種

現在では、乳児期から様々な予防接種が公費負担で受けられるようになりました。水痘についても、1歳から3歳未満であれば2回、無料で接種できる機会があります。保護者やご家族の方は、お子さんの予防接種の機会を逃さないようにしましょう。

 

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課(健康増進課・保健センター) 企画調整Gです。

〒309-1734 笠間市南友部1966番1号

電話番号:0296-77-9145 ファックス番号:0296-77-9146

スマートフォン用ページで見る