1. ホーム>
  2. 保険・福祉・医療>
  3. 福祉>
  4. 介護保険>
  5. 介護保険の利用料

保険・福祉・医療

介護保険の利用料

利用限度額

介護保険では、要介護状態区分に応じて、利用できる上限額(支給限度額)が定められています。支給限度額内でサービスを利用する場合には、利用者負担は1割又は2割です。

要介護状態区分支給限度額
要支援1 5万30円
要支援2 10万4,730円
要介護1 16万6,920円
要介護2 19万6,160円
要介護3 26万9,310円
要介護4 30万8,060円
要介護5 36万650円

 

利用者負担

  • 利用者負担は、サービス費用の1割又は2割です。
    介護給付費(9割)又は(8割)
    利用者負担(1割)又は(2割)
  • 通所介護等のサービス
    利用者負担(1割)又は(2割)
    +
    日常生活費
    +
    食 費
  • 短期入所サービス
    利用者負担(1割)又は(2割)
    +
    日常生活費
    +
    食 費
    +
    滞在費
  • 施設サービス
    利用者負担(1割)又は(2割)
    +
    日常生活費
    +
    食 費
    +
    居住費

65歳以上の方で、合計所得金額が160万円以上の方(単身で年金収入のみの場合、年収280万円以上)は2割負担となります。

ただし、合計所得金額が160万円以上であっても、実際の収入が280万円に満たないケースや65歳以上の方が2人以上いる世帯で収入が低いケースがあることを考慮し、世帯の65歳以上の方の「年金収入とその他の合計所得金額」の合計が単身で280万円、2人以上の世帯で346万円未満の場合は1割負担になります。

利用者負担の軽減制度

  • 施設利用者の負担軽減(短期入所サービス、施設サービス)
    低所得の方の施設利用が困難とならないように、段階に応じて食費及び居住費(滞在費)の利用者負担を軽減します(介護保険負担限度額認定)。
    利用者負担の段階
    居住費(滞在費)の負担限度額
    食費

    ユニット型個室

    ユニット型準個室
    従来型個室
    多床室
    第1段階 ・生活保護受給者
    ・老齢福祉年金受給者で、世帯全員(別世帯の配偶者含む)が市民税非課税
    820円
    490円
    490円
    (320円)
    0円
    300円
    第2段階 世帯全員(別世帯の配偶者含む)が市民税非課税で、本人の前年の合計所得金額と課税年金収入額と非課税年金収入額⇦(注)の合計額が80万円以下
    820円
    490円
    490円
    (420円)
    370円
    390円
    第3段階 世帯全員(別世帯の配偶者含む)が市民税非課税で、上記以外
    1,310円
    1,310円
    1,310円
    (820円)
    370円
    650円

    ※従来型個室の( )内の金額は、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)に入所した場合または短期入所生活介護(ショートステイ)を利用した場合の額です。

(注)平成28年8月から、特定入所者介護(予防)サービス費の支給要件が変わります。

食費・居住費の利用者負担段階の判定に用いる収入には、現在は課税年金(老齢年金など)収入のみが対象になっておりますが、平成28年8月からは非課税年金(遺族年金と障害年金)収入も含めて判定することになります

このことにより、現在、利用者負担段階が第2段階である方のうち、非課税年金を一定額受給されている場合には、利用者負担段階が第3段階になる場合があります。

※平成27年8月から、市民税非課税世帯であっても(1)または(2)のいずれかに該当する場合は、負担軽減の対象外となります。

(1)世帯を別にしている配偶者が市民税課税の場合には負担軽減の対象外とする。

(2)対象者及び配偶者が所有する預貯金等が、単身で1,000万円、夫婦で2,000万円を超える場合には負担軽減の対象外とする。

・上記の「配偶者」については、内縁関係の者を含みます。

虚偽の申請により不正に特定入所者介護(予防)サービス費の支給を受けた場合には、支給された額及び最大2倍の加算金を返還していただくことがあります。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは高齢福祉課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-77-1162

スマートフォン用ページで見る