1. ホーム>
  2. 保険・福祉・医療>
  3. 福祉>
  4. 介護保険>
  5. 介護保険の認定審査

保険・福祉・医療

介護保険の認定審査

認定申請

介護保険のサービスを利用しようとするときには、あらかじめ市役所に申請をして「介護や支援が必要」という認定を受けることが必要です。
申請は、本人又は家族が行うか、成年後見人、地域包括支援センター、指定居宅介護支援事業者、介護保険施設に申請を代行してもらいます。

《申請に必要なもの》

  • 認定申請書
  • 介護保険の被保険者証(ピンク色)
  • 健康保険の被保険者証(第2号被保険者の場合)
  • 主治医に意見書を依頼するため、主治医名をお尋ねします。(○○病院の○○医師など)

《申請窓口》
市役所高齢福祉課、各支所福祉課

訪問調査

市または、市から委託された専門の調査員が訪問して、心身の状況について調査を行います。

認定審査会

保健・医療・福祉の専門家で構成する認定審査会で、どのくらいの介護が必要か認定します。
審査は、訪問調査結果のほか、主治医意見書をもとにして、適正に、総合的に行われます。

認定結果

非該当 地域支援事業の介護予防事業が利用できます。
要支援1・2 地域包括支援センターのアセスメントにより、介護予防サービスを利用できます。
要介護1~5 ケアプランを作り、在宅でサービスを受けることができます。
施設との契約により、施設に入所することができます。

認定には有効期間があります。認定有効期間満了日の60日前から更新申請ができます。

こんなときは?

認定の有効期間内に心身の状態が変化(良化・悪化)した場合には、区分変更申請をすることができます。手続きは、通常の申請と同じです。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは高齢福祉課です。

〒309-1792 笠間市中央三丁目2番1号

電話番号:0296-77-1101 ファックス番号:0296-77-1162

スマートフォン用ページで見る